資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

リスク許容度で資産配分

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503280100-thum

投資にはリスクが付き物でして、リスクを考えないで投資をしたら、後で痛い目に遭います。

それでリスクをどれだけ受け入れられるかということでリスク許容度という言葉があります。

リスク許容度は資産の何%を失っても耐えられるかという基準で考えます。

例えば資産の5%を失うことが耐えられないなら、株式投資には向かないとか、この金額の投資なら資産の20%が減っても大丈夫という感じで、投資する資産の額を決めるのにも使います。

リスク許容度は人それぞれでして、何%が最適とかはないです。

自分自身に合ったリスク許容度で投資をしなければならないです。

この時問題なのが金額でリスク許容度を決めている場合です。

投資資産を増やしていけば、金額でリスク許容度を決めている場合は、投資金額が増えるごとにリスク許容度に到達が早くなります。

到達が早くなればそれだけリスク回避で損切りをして、後からの回復チャンスを失うことになります。

それでリスク許容度を金額で決めている人は、リスク資産を少なくして安全資産の比率を高める方がいいです。

リスク資産を少なくすると言ってもリスク資産をそのままにして、安全資産を増やしていって、リスク資産の比率を少なくしていけばいいです。

安全資産として増やす物は国債になります。

定期預金だと金利が低過ぎて話にならないし、その他の金融商品も一応少なからずリスクがありますから、この場合リスクが無いと言える国債を増やすことになります。

それ以外のパーセンテージでリスク許容度を考えている人達は、リスク許容度を超えないような資産形成をする必要が有ります。

分散投資をしてリスクを軽減して、各資産ごとにリスクがどれくらいあるかを計算して、投資比率を決めますが、資産ごとのリスクは完璧に計算できるわけでは無く、大体の計算でのリスクになります。

それで計算より多めにリスクを見積もって資産配分を考えなけれならないです。そうやって損失に惑わされない投資をしていくことです。

不動産投資では大きく儲けられない

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201502060500-thum

一括借り上げシステムの会社の広告が、相変わらず表示されていて、うざいです。

不動産投資で1億円って、そんなに儲かるならお前らの所の社員はみんなお金持ちに成れるわと呆れた気持ちになります。

不動産投資で大きく資産を増やすことは、はっきり言って不可能です。

単純に考えただけでも分かるようにまず家賃はそう簡単に値上げできません。

値上げはできるけど入居者が居なくなってしまいます。

だから大きく稼ごうと値上げなんかしたら入居者が居なくなって、自滅してしまいます。

家賃が大きく値上げできないから物件も大きく値上がりしません。

高く売り出すことは可能ですが、誰も買いません。誰も買わないから高く売ることは無理だということです。

そして物件は古くなっていけば、修繕費が増えて、家賃をあげれない分収益が落ちます。

古くなれば物件の価値は下がります。

1億円って物件の価値が下がらないという前提で計算していますから、家賃収入+物件の価値で1億円ということです。

だからどう考えても詐欺の会社と分かってしまいます。

毎月家賃収入が入ってくるって、入ってきたとして物件の価値がゼロになって、その後は取り壊し費用がかかってきます。

物件購入費用と取り壊し費用を家賃収入から引けば、いかに不動産投資が大きく稼げないかが分かります。

アパートとか土地付きでしたら、土地は古くなったら価値が下がるとかは無いから、マンション投資よりも良いように思えます。

しかし土地は値上がりしていても更地にしないと売れそうにないし、買う側も出来るだけ安く買おうとするから、土地を保有していてもさほど大儲けは期待出来ません。

不動産投資は安定収入がメリットだから、不動産投資で大儲けをしようと考えないことです。

大きく儲けようと考えるなら株式投資とかになりますが、それらも大きく儲かる可能性がある代わりに大きく損をする可能性がありますから、はっきり言って素人が大きく儲けようと考えてやる物じゃないと言えます。

テクニカル指標

読了までの目安時間:約 3分

 


lgf01a201410271300

FXで退場する人はいっぱい居ます。しかし勝ち残って稼ぎ続けている人達もそれなりに居ることは確かです。

その勝ち残って勝ち続ける人たちは、負け組とどこが違うかですが、ただ単にトレンドが読めるだけです。

トレンドが読めるから勝ち残っています。FXに必勝法は無いし、トレンドに逆らって生き残れるような個人は日本のどこを探してもいません。

だから勝ち残っている勝ち組はトレンドが読めるから勝ち残っています。

トレンドを読めるって、どういう風に読むかというとチャートとかのテクニカル指標になります。

テクニカル指標でもどれをと言われても、それぞれ得意の指標や組み合わせを持っていて、それで判断しています。

テクニカル指標でどういう風にトレンドを読むかというと、シグナルです。

テクニカル指標から出る売買シグナルを使ってトレードをして勝ちます。

シグナルも一つの指標からの場合もあれば複数の指標の場合もあります。

負け組はシグナルが分からなくて、地丁半博打のようなトレードをして負けます。

勝ち組は分からない場合はトレードをしなくて、負け組は分からなくても分かっているつもりでトレードをして、負けて退場になります。

この差が勝敗を決めています。勝ち組はいつも勝てる訳では無いです。

分からない時に手を出さないから負けが少なくて生き残れます。

負け組の人達が勝ち組になるには、まずトレードの回数を減らすことです。

減らしたから勝てるというわけでは無いけど、無駄な負けが減ればその分勝ちになります。

そしてトレンドが分かるシグナルを探すことです。シグナルは勝ち組の人が教えてくれればいいのですけど、ネット上に居るのは自称勝ち組ばかりではっきり言って参考になりません。それで自分で調べてシグナルを探すしかないです。

シグナルを探してテクニカル指標をいろいろ調べてみて、駄目だったらもうFXで勝ち組になることはあきらめることです

才能が無い人が生き残れるような甘い世界ではないですから。

MMFを有効活用

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503230500

 

普段債券の投資信託を買う理由ですが、今回のように株価が暴落した時に買い出動できるように資金を株に投資をしないで、待機させておくためです

それで待機場所として債券が最も適していますから、債券の投資信託を買います

債券と株は逆相関でして、株価が上がると債券が下がり、株価が下がると債券は上がります。

この株価が下がると債券が上がるのがミソでして、株価が下がった時に債券も下がっていては損になるし、リバランスのメリットが無くなります。

逆相関だからこそリバランスの効果が出てくるわけでして、待機資金の置き場所として金利が付く債券が最善の場所となります

しかし債券の投資信託でも外国債券に投資をする投資信託は、待機場所には向かないです。

何故なら為替リスクがあるからです。株価は為替の影響を受けますから、円高になると株価は下がります。

外国債券の投資信託も円高になると基準価額が下がって、待機場所として使用する意味が無くなってしまいます

だから買うとしたら国内の債券に投資をする投資信託です。

しかしリバランス用に債券の投資信託を買う場合は、メリットの他にデメリットがあります。

必ずタイミングよく基準価額が買値を上回っているとは限りません

場合によっては基準価額が買値よりも下回っているかもしれません。

株の投資信託がそれを上回る下げならいいけど、基準価額が下がっていて損をするなら、定期預金で預けておいた方がいいです。

定期預金は解約すると普通預金の金利になりますから、定期で預ける意味が無いように思えますが、普通預金にするくらいなら、まだ定期にした方が満期のタイミングが来れば普通預金よりもお得になります。

ただ定期預金だと銀行から証券会社にお金を移動するのが面倒だから、証券会社のMMFを利用した方がいいです。

MMFなら1ヶ月経てばペナルティ無しで解約できます。

それで暴落時の買い出動の資金はMMFで運用するのがベストです。だから債券の投資信託を買わないで、MMFで運用することをお勧めします。

FXはレバレッジを高く?

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503310700-thum

今回の為替の急落で退場になった人達は、レバレッジを高めにしていた人達でして、低レバでやっていた人達はその後の爆戻しで助かっています。

FXはレバレッジを高くした方が儲かりますが、その分リスクも高まり退場しやすくなります。

レバレッジを高くして尚且つリスクを回避するとしたら、スキャルピングになって、利益が薄くなってレバレッジを高くする意味が無くなってしまいます。

それなら最初から低レバでやった方がいいです。

低レバでやるとして、FXの会社が最低10倍とかに設定していますから、10倍が低レバになります。

せめて5倍ぐらいでやりたいとなると良くて業者が限られてくるか、あきらめるしかないです。

しかし5倍ぐらいどこでもできます。レバレッジが25倍しかできないところでも5倍で取引は可能です。

その理由は実効レバレッジです。実効レバレッジとは証拠金として入金した金額で、決まるレバレッジです。

単純にレバレッジ25倍なら最低これくらい証拠金が必要ですとFXの会社は説明しますが、誰もその額で取引はしません。

何故ならちょっと予想が外れただけで追証になってしまいます。

だから誰もが多めに入金してすぐには追証にならないようにしています。

その多めに入金した金額でのレバレッジが実効レバレッジです。だから多めに入金するだけで実効レバレッジを5倍に設定することができます。それでどのFXの会社でも多めに入金するだけで、低レバでFXをすることができます。

多めに入金出来ない場合は取引量を減らすことです。

取引量を減らすと儲けられないと言われますが、儲けられるなら、取引量を減らさずにトレードをすればいいです。

ただいつまで儲けれるかは分かりませんから、その後はどうなるかは知りません。

実効レバレッジの欠点は変動することです。

取引量を増やせば、実効レバレッジは高くなりますし、増やさなくてもトレードが失敗になればマイナスになって実効レバレッジが高くなります。

だから常に実効レバレッジの状態を見ながら、トレードをする必要があります。

賢明な投資家になれば儲かるのに

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503282300

 

今回の世界的な株価暴落でダメージを負っている投資家は多いと思います。

普通に買っていてもダメージが大きいのに、信用取引とかをしていた人で、退場になった人は何人か居るでしょう。

現物取引しかしない人でも退場したい気分になっている人も居ます。

それでも賢明な投資家は買い場が来たと喜んでいます。賢明な投資家と普通の投資家とどこが違うかと言えば欲の差です。

賢明な投資家と比較すれば普通の投資家は欲の塊です。

いつでも稼ごうと考えているから、普通の時に投資をして、今回の暴落でダメージを負っています。

賢明な投資家は欲が無い分稼ごうとしないで、ただひたすら買い場を待ちます。

その間買い場が来るまで購入資金を貯めます。そして今回の状態になって、やっと買いを入れます。

買いを入れる時も一度に全力投資をしません。余力を残して、下がったらナンピン買いをします。

ナンピン買いもあわてずに、下げ止まってきたら買うという感じで買っていきます。

仕込み終わった後は、次の買い場に備えて資金をまた蓄えます。保有株はすぐには売りません。

何割も値上がりしてから、相場が過熱している状態で売却します。

株式投資で儲けたかったら、賢明な投資家になることですが、普通の人は成れないです。

何故なら株は売買をして稼ぐものだから、目の前に稼げるチャンスがあるなら、我慢できずに動いてしまいます。

値動きが無いなら動かないけど、値動きがあって、売買すれば儲かるなら、欲の塊の投資家は売買をしてしまいます。

そして失敗をして損をします。

信用取引を始める人は、売りができるからよりもより多く稼げるからと、現物取引を止めて信用取引をします。

賢明な投資をすれば大きく稼げるのに欲を出して信用取引をして、大きく損をして退場します。

信用取引で儲けられるのはごく一部の人だけです。

賢明な投資家は信用取引をすればもっと儲かりますが、欲が無いから、信用で株を買おうとはしません。株式投資がリスクのあるものだと思っていますから。

今買うなら石油化学です

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503230700-thum

 

株式投資は、デイトレーダーならチャートを見て売買ですが、テクニカルが分からないなら、ファンダメンタルで買える株を判断することになります。

しかしファンダメンタルが分からない場合はどうすればいいかですが、そんな状態で株で稼ごうという考えが甘いと言いたくなります

社会に出てあれも出来ませんこれも出来ません、給料が欲しいと言われたら、誰でも帰れと言いたくなります。

何もできないくせに金を稼ごうというのは、さすがに駄目でしょう。少しは考える努力ぐらいしろです。

それで少しぐらい考えてもらって、円高で石油が安いと儲かる企業を探して投資です。

円高で石油が安いと得な企業は石油化学や運送業界、航空業界、電力業界といろいろあります。

その中で利益が増えている企業を探して株を購入です。

輸出関係も原材料費が安くなって有利かもしれませんが、円高になった分利益が落ちますから、この場合は買えません。

とりあえず石油をいっぱい使う電力か石油化学だけど、電力株は上昇力があまりないから、石油化学ということになります。

それで石油化学のどれを買えばいいかとなりますが、分からないなら一株益が去年より増えているのを買いです。

四季報にある決算はあくまでも予想だから、予想通りになるとは限りません。利益が下がるかもしれません。

どうせどうなるか分からないから、気にせず黙って買うことです。

石油はしばらく安いままですから、石油化学業界の業績が、よくなっても悪くなるはずがないです。

だからよくなる方に賭けて買えばいいです。

ただ株価が上がるまでは、市場全体が良くなるまで時間がかかりますから、あわてず市場全体に引っ張られて落ちるだけ落ちたところで買うだけです。

とりあえず今はどれを買うか調べて、見つけた株が買われだしてから、買えばいいです。

株式市場が上向くまで何ヶ月もかかるのだから、あわてることも無く、じっくり待って買うだけです。

カバードコール型がお勧め

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503060300-thum

株式型の投資信託は、下げ相場には全くいいところが無く、解約が殺到して基準価額が余計に下がったりします。

そして解約に備えて現金比率を高めていますから、相場が反転し始めても、出遅れたりするから、投資信託で投資をするよりも自分で株を買って投資をした方がいいと思えてきます。

しかしこんな下げ相場で威力を発揮する株式型もあります。それはカバードコール型です。

カバードコールとは、株式の現物を保有しながら、保有株のコールオプションを売る方法です。

現物を持っている状態でオプションを売りますから、損失が無限大とかにはならないです。

コールオプションだから、オプションを行使されたら、株を行使価格で売り渡す必要があります。

しかし下げ相場だと、オプションを行使できないからオプション料丸儲けです。

今回の下げは、しばらく続きますから、オプションは権利を行使できないまま消滅していくだけです。

だから今買うとしたらカバードコール型の投資信託です。

ただカバードコール型は毎月分配型でしか売っていません。毎月分配型が嫌いな人は、買いづらいです。

だけど毎月分配型だからと敬遠していたら、逆に損ですから、毎月分配型だろうと買うことです。

ただ毎月分配型だろうと買うことにしても、今度は投資先が限定されています。

毎月分配型に出来る投資先だけで毎月分配型は組成されています。

だからそれ以外では確実にカバードコール型は買えないということです。

インデックスファンドなんか株価指数のオプションを売買されていますから、カバードコール型があってもおかしくないけど、販売されていません。

だからカバードコール型を買う時は、ただカバードコール型だからという感じで買うことになります。

それでカバードコール型だから、必ず儲かるということも無く、買いたくなければ無理して買わないことです。

例え損をすることになっても今だけで、後で値上がりして儲かりますから、好きな物を選んで買うことです。

含み損の株の活用方法

読了までの目安時間:約 3分

 


sgf01a201410302300今回の暴落で株が含み損になった人が多いと思いますが、今の状態だと損切りして他の株を買ってもうまくいくとは限らないし、本来なら損切りして、相場が良くなるまで待つのが筋です。

しかし含み損が大きくて損切りしづらい場合ですが、その場合は、現物株をそのまま活用です。

活用方法としてネット証券に貸株というのがあります。貸株とは、証券会社に株を貸して貸株金利を貰います。

金利は微々たる額ですから、大したことないけど、何も無いよりはいいです。

証券会社は顧客から株を借りてどうするのかと言えば、信用取引で空売りをする人に貸します。

空売りは証券会社から株を借りて売るから、株を持っていなくても売ることができます。

証券会社は株を貸して貸株料を取ります。この貸株料が貸株金利よりも高いから、証券会社は貸株金利を払ってでも儲かる仕組みになっています

この貸株の欠点として分別管理にならないことがあります。

普通は分別管理と言って証券会社の資産と顧客の預かり資産は別々になっています。

実際証券会社が顧客の資産を流用したことがあって、今ではすべて分別管理になりました。

貸株は分別管理にならないから、証券会社が倒産すると株は戻ってこない恐れがあります。

さすがに証券会社が倒産するとは思えないし、心配するようなことでは無いです。

もう一つ保有株を利用する方法があります。株を代用有価証券として、FXの証拠金として使う方法です。

代用有価証券と言っても、代用有価証券として使えるFXの会社は限られていて、しかもそこに株を預けなければならないです。

そして株を代用有価証券として利用する場合は、前日終値の70%ぐらいの金額で証拠金として扱われます。

決済時に損をしていて、決済用の現金が不足していたら、株を売却して決済に充てることになります。

だから決済用の現金も入れて代用有価証券として扱わないと、株を売ることになってしまいます。

FXの方でも損を出したら株を売ることになってしまいますから、代用有価証券として活用しないで、貸株で利用することです

インデックスファンドは別に優秀なファンドでは無いです

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503290500-thum

投資信託の中にはインデックスファンドというのがあります。

これは株価指数に連動するように組成されたファンドです。それでただ株価指数に連動しているだけです。

取り分けて成績が良くなるとかのファンドではではないです。

株価指数に連動していますから、成績も株価指数と同じレベルです。それなのにこのインデックスファンドを神格化している輩が居て、業界的に問題になっています。

その輩たちがインデックスファンドを神格化する理由が、アクティブファンドより成績が良いということです。

実際インデックスファンドがアクティブファンドより成績が良かったなら問題が無いのですが、実際はインデックスファンドは負けまくっていて、10年間成績の良かったファンドのランキングではどのインデックスファンドも10位にすら入れない体たらくぶりです

それでもインデックス信者は事実を認めようとしないで、デタラメを言いふらしています。

そのデタラメの例として、投資信託はコストが安い方がいいと言っています。

投資信託のコストとは、販売手数料とか信託報酬ですが、それらは少額過ぎて運用成績にはあまりにも影響がない状態です。

単純にコストゼロならどれだけの投資信託に勝てるかと聞かれたら、分かると思いますが、あんな少額のコストぐらいで、どれだけ運用成績で差を広げられるかです。

コストは低い方が有利と言いふらすのは、インデックスファンドが低コストだからです。

仮にインデックスファンドがアクティブファンドよりもコストが高かったら、そんなことは絶対言いません。

要するにインデックファンドが有利だと思い込ませたいだけです。

インデックスファンドがコストが低い理由は、指数との連動がずれないようにコストを抑える必要があるからです。

単純にコスト分指数に負けてしまいます。それで少しでもコストが安い仕組みになっています。

安かろうと高かろうと指数に連動するように設計されていて、指数を大きく上回るような成績にならないのだから、コストなど気にしても意味なんかないです。