資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

不動産投資では大きく儲けられない

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201502060500-thum

一括借り上げシステムの会社の広告が、相変わらず表示されていて、うざいです。

不動産投資で1億円って、そんなに儲かるならお前らの所の社員はみんなお金持ちに成れるわと呆れた気持ちになります。

不動産投資で大きく資産を増やすことは、はっきり言って不可能です。

単純に考えただけでも分かるようにまず家賃はそう簡単に値上げできません。

値上げはできるけど入居者が居なくなってしまいます。

だから大きく稼ごうと値上げなんかしたら入居者が居なくなって、自滅してしまいます。

家賃が大きく値上げできないから物件も大きく値上がりしません。

高く売り出すことは可能ですが、誰も買いません。誰も買わないから高く売ることは無理だということです。

そして物件は古くなっていけば、修繕費が増えて、家賃をあげれない分収益が落ちます。

古くなれば物件の価値は下がります。

1億円って物件の価値が下がらないという前提で計算していますから、家賃収入+物件の価値で1億円ということです。

だからどう考えても詐欺の会社と分かってしまいます。

毎月家賃収入が入ってくるって、入ってきたとして物件の価値がゼロになって、その後は取り壊し費用がかかってきます。

物件購入費用と取り壊し費用を家賃収入から引けば、いかに不動産投資が大きく稼げないかが分かります。

アパートとか土地付きでしたら、土地は古くなったら価値が下がるとかは無いから、マンション投資よりも良いように思えます。

しかし土地は値上がりしていても更地にしないと売れそうにないし、買う側も出来るだけ安く買おうとするから、土地を保有していてもさほど大儲けは期待出来ません。

不動産投資は安定収入がメリットだから、不動産投資で大儲けをしようと考えないことです。

大きく儲けようと考えるなら株式投資とかになりますが、それらも大きく儲かる可能性がある代わりに大きく損をする可能性がありますから、はっきり言って素人が大きく儲けようと考えてやる物じゃないと言えます。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: