資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

不動産投資ならリートの方がいい

読了までの目安時間:約 3分

 


不動産投資を始めたい人に、リートという不動産投資信託を勧めても、いい返事が来ません。

その理由が利回りが低いからと。

確かにリートの利回りは3%ほどで良くて4%で、5%でも低いと言われる不動産投資には勝てません。

ただそれは勘違いをしています。

高い利回りは入居者が入ってうまくいった場合の話でして、入居者が入らなければ利回り0%どころかマイナスです。

利回りで考える前に入居者を確保してからです。

それに不動産会社が広告に出している利回りは、家賃を高めに設定しているから、本当の利回りじゃないです。

その上表面利回りだから、経費とか引いた利回りだとかなり下がってしまいます。

その点リートは最初から入居者が入っているから、普通に配当金が貰えます。

そしてテナントビルとかですから、空室があっても少々だから、空室リスクは無いと考えて投資をしてもいいでしょう。

リートの良いところは売買がしやすいです。

市場で売買されていますから、株のようにすぐに売れます。

不動産投資で家賃目当ての場合は、物件を売ることは考えていません。

それで保有している物件を売却して、もっといい物件を購入ということを考える人は居ません。

出来ればやりたい人も居ますが、肝心の物件がまともな値段で売れるとは限りませんから、誰も乗り換えをやろうとしません。

その点リートは乗り換えがスムーズに行えて、値上がり益も狙えます。

さらに普通の不動産投資よりも少額で出来るのも魅力的です。

不動産投資は利回りが高いけど、リスクがあるし労力も必要です。

素人がローンを組んでまでやるメリットがあるのかと疑いたくなります。

不動産投資を始めるくらいならリートを買ってみることです。

ただリートは決算期ごとに分配金を出しますから、家賃のように毎月分配金を受け取れません。

それで毎月分配金を受け取りたいなら、リートに投資をする毎月分配型の投資信託を買うことです。

gf01a201503221100

それでしたら不動産投資と同じように毎月収入があるようになります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: