資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

土地活用なら駐車場経営

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503280300

 

 

遊休地を持っている人は、毎年無駄に固定資産税を払うことになります。

土地を持っていてもただ税金を取られるだけです。

それで遊んでいる土地を活用するに当たって、アパートを建てるのが定番になっています。

(マンションは建設費が高くて資金が無いという問題がある)

アパートを建てれば居住用不動産になるから、評価額が下がって固定資産税が安くなるとか、

建設費は家賃収入で払えるとか建物なら相続税の評価額が下がるから、相続税対策にいいとアパートを建てさせようとする人達が、

アパートの良さを宣伝しています。

いくらアパートが良くても入居者が入らなければ、家賃収入が入りません。

入居する人だって立地の良い場所でないと、そこに住みたいと思いませんから、場所的にアパートに向いているかを考えなければならないです。

そういうことも考えないでアパート建てて入居者が入らなくて、ひどい目に遭っている人が多いです。

アパートはリスクがありますから、土地活用をするとしたら駐車場経営です。

駐車場経営は平面駐車場だと止まられる数は少ないは、利用料は家賃より少ないは、居住用不動産じゃないから固定資産税が普通に取られるわで、あまり儲からないように思えますが、投資費用はアパートよりは少なくて済みます。

地面をアスファルト舗装をして、ラインを引くだけですから、アパートよりも安上がりです。

そして駐車場は需要がありますから、早く一杯になります。マンションなんか全部屋の駐車場を用意出来ないから、駐車場が不足していて、駐車場の需要が有ります。

アパートを建てて儲かるならアパートを建てるべきですけど、アパートは古くなったら入居者が入らなくなってきます

その点駐車場は古くなっても問題ないし、維持費もほとんど必要ないから、土地活用をするのだったら、アパートを建てるよりは駐車場にした方がリスクが低いし、費用も少なくて済むから、やるなら駐車場でしょう

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: