資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

賢明な投資家になれば儲かるのに

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503282300

 

今回の世界的な株価暴落でダメージを負っている投資家は多いと思います。

普通に買っていてもダメージが大きいのに、信用取引とかをしていた人で、退場になった人は何人か居るでしょう。

現物取引しかしない人でも退場したい気分になっている人も居ます。

それでも賢明な投資家は買い場が来たと喜んでいます。賢明な投資家と普通の投資家とどこが違うかと言えば欲の差です。

賢明な投資家と比較すれば普通の投資家は欲の塊です。

いつでも稼ごうと考えているから、普通の時に投資をして、今回の暴落でダメージを負っています。

賢明な投資家は欲が無い分稼ごうとしないで、ただひたすら買い場を待ちます。

その間買い場が来るまで購入資金を貯めます。そして今回の状態になって、やっと買いを入れます。

買いを入れる時も一度に全力投資をしません。余力を残して、下がったらナンピン買いをします。

ナンピン買いもあわてずに、下げ止まってきたら買うという感じで買っていきます。

仕込み終わった後は、次の買い場に備えて資金をまた蓄えます。保有株はすぐには売りません。

何割も値上がりしてから、相場が過熱している状態で売却します。

株式投資で儲けたかったら、賢明な投資家になることですが、普通の人は成れないです。

何故なら株は売買をして稼ぐものだから、目の前に稼げるチャンスがあるなら、我慢できずに動いてしまいます。

値動きが無いなら動かないけど、値動きがあって、売買すれば儲かるなら、欲の塊の投資家は売買をしてしまいます。

そして失敗をして損をします。

信用取引を始める人は、売りができるからよりもより多く稼げるからと、現物取引を止めて信用取引をします。

賢明な投資をすれば大きく稼げるのに欲を出して信用取引をして、大きく損をして退場します。

信用取引で儲けられるのはごく一部の人だけです。

賢明な投資家は信用取引をすればもっと儲かりますが、欲が無いから、信用で株を買おうとはしません。株式投資がリスクのあるものだと思っていますから。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: