資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

今買うなら石油化学です

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503230700-thum

 

株式投資は、デイトレーダーならチャートを見て売買ですが、テクニカルが分からないなら、ファンダメンタルで買える株を判断することになります。

しかしファンダメンタルが分からない場合はどうすればいいかですが、そんな状態で株で稼ごうという考えが甘いと言いたくなります

社会に出てあれも出来ませんこれも出来ません、給料が欲しいと言われたら、誰でも帰れと言いたくなります。

何もできないくせに金を稼ごうというのは、さすがに駄目でしょう。少しは考える努力ぐらいしろです。

それで少しぐらい考えてもらって、円高で石油が安いと儲かる企業を探して投資です。

円高で石油が安いと得な企業は石油化学や運送業界、航空業界、電力業界といろいろあります。

その中で利益が増えている企業を探して株を購入です。

輸出関係も原材料費が安くなって有利かもしれませんが、円高になった分利益が落ちますから、この場合は買えません。

とりあえず石油をいっぱい使う電力か石油化学だけど、電力株は上昇力があまりないから、石油化学ということになります。

それで石油化学のどれを買えばいいかとなりますが、分からないなら一株益が去年より増えているのを買いです。

四季報にある決算はあくまでも予想だから、予想通りになるとは限りません。利益が下がるかもしれません。

どうせどうなるか分からないから、気にせず黙って買うことです。

石油はしばらく安いままですから、石油化学業界の業績が、よくなっても悪くなるはずがないです。

だからよくなる方に賭けて買えばいいです。

ただ株価が上がるまでは、市場全体が良くなるまで時間がかかりますから、あわてず市場全体に引っ張られて落ちるだけ落ちたところで買うだけです。

とりあえず今はどれを買うか調べて、見つけた株が買われだしてから、買えばいいです。

株式市場が上向くまで何ヶ月もかかるのだから、あわてることも無く、じっくり待って買うだけです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: