FXレバレッジ高く

資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

FXはレバレッジを高く?

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503310700-thum

今回の為替の急落で退場になった人達は、レバレッジを高めにしていた人達でして、低レバでやっていた人達はその後の爆戻しで助かっています。

FXはレバレッジを高くした方が儲かりますが、その分リスクも高まり退場しやすくなります。

レバレッジを高くして尚且つリスクを回避するとしたら、スキャルピングになって、利益が薄くなってレバレッジを高くする意味が無くなってしまいます。

それなら最初から低レバでやった方がいいです。

低レバでやるとして、FXの会社が最低10倍とかに設定していますから、10倍が低レバになります。

せめて5倍ぐらいでやりたいとなると良くて業者が限られてくるか、あきらめるしかないです。

しかし5倍ぐらいどこでもできます。レバレッジが25倍しかできないところでも5倍で取引は可能です。

その理由は実効レバレッジです。実効レバレッジとは証拠金として入金した金額で、決まるレバレッジです。

単純にレバレッジ25倍なら最低これくらい証拠金が必要ですとFXの会社は説明しますが、誰もその額で取引はしません。

何故ならちょっと予想が外れただけで追証になってしまいます。

だから誰もが多めに入金してすぐには追証にならないようにしています。

その多めに入金した金額でのレバレッジが実効レバレッジです。だから多めに入金するだけで実効レバレッジを5倍に設定することができます。それでどのFXの会社でも多めに入金するだけで、低レバでFXをすることができます。

多めに入金出来ない場合は取引量を減らすことです。

取引量を減らすと儲けられないと言われますが、儲けられるなら、取引量を減らさずにトレードをすればいいです。

ただいつまで儲けれるかは分かりませんから、その後はどうなるかは知りません。

実効レバレッジの欠点は変動することです。

取引量を増やせば、実効レバレッジは高くなりますし、増やさなくてもトレードが失敗になればマイナスになって実効レバレッジが高くなります。

だから常に実効レバレッジの状態を見ながら、トレードをする必要があります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: