資産運用おすすめ!投資信託・不動産投資・FX

今買うなら石油化学です

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201503230700-thum

 

株式投資は、デイトレーダーならチャートを見て売買ですが、テクニカルが分からないなら、ファンダメンタルで買える株を判断することになります。

しかしファンダメンタルが分からない場合はどうすればいいかですが、そんな状態で株で稼ごうという考えが甘いと言いたくなります

社会に出てあれも出来ませんこれも出来ません、給料が欲しいと言われたら、誰でも帰れと言いたくなります。

何もできないくせに金を稼ごうというのは、さすがに駄目でしょう。少しは考える努力ぐらいしろです。

それで少しぐらい考えてもらって、円高で石油が安いと儲かる企業を探して投資です。

円高で石油が安いと得な企業は石油化学や運送業界、航空業界、電力業界といろいろあります。

その中で利益が増えている企業を探して株を購入です。

輸出関係も原材料費が安くなって有利かもしれませんが、円高になった分利益が落ちますから、この場合は買えません。

とりあえず石油をいっぱい使う電力か石油化学だけど、電力株は上昇力があまりないから、石油化学ということになります。

それで石油化学のどれを買えばいいかとなりますが、分からないなら一株益が去年より増えているのを買いです。

四季報にある決算はあくまでも予想だから、予想通りになるとは限りません。利益が下がるかもしれません。

どうせどうなるか分からないから、気にせず黙って買うことです。

石油はしばらく安いままですから、石油化学業界の業績が、よくなっても悪くなるはずがないです。

だからよくなる方に賭けて買えばいいです。

ただ株価が上がるまでは、市場全体が良くなるまで時間がかかりますから、あわてず市場全体に引っ張られて落ちるだけ落ちたところで買うだけです。

とりあえず今はどれを買うか調べて、見つけた株が買われだしてから、買えばいいです。

株式市場が上向くまで何ヶ月もかかるのだから、あわてることも無く、じっくり待って買うだけです。

含み損の株の活用方法

読了までの目安時間:約 3分

 


sgf01a201410302300今回の暴落で株が含み損になった人が多いと思いますが、今の状態だと損切りして他の株を買ってもうまくいくとは限らないし、本来なら損切りして、相場が良くなるまで待つのが筋です。

しかし含み損が大きくて損切りしづらい場合ですが、その場合は、現物株をそのまま活用です。

活用方法としてネット証券に貸株というのがあります。貸株とは、証券会社に株を貸して貸株金利を貰います。

金利は微々たる額ですから、大したことないけど、何も無いよりはいいです。

証券会社は顧客から株を借りてどうするのかと言えば、信用取引で空売りをする人に貸します。

空売りは証券会社から株を借りて売るから、株を持っていなくても売ることができます。

証券会社は株を貸して貸株料を取ります。この貸株料が貸株金利よりも高いから、証券会社は貸株金利を払ってでも儲かる仕組みになっています

この貸株の欠点として分別管理にならないことがあります。

普通は分別管理と言って証券会社の資産と顧客の預かり資産は別々になっています。

実際証券会社が顧客の資産を流用したことがあって、今ではすべて分別管理になりました。

貸株は分別管理にならないから、証券会社が倒産すると株は戻ってこない恐れがあります。

さすがに証券会社が倒産するとは思えないし、心配するようなことでは無いです。

もう一つ保有株を利用する方法があります。株を代用有価証券として、FXの証拠金として使う方法です。

代用有価証券と言っても、代用有価証券として使えるFXの会社は限られていて、しかもそこに株を預けなければならないです。

そして株を代用有価証券として利用する場合は、前日終値の70%ぐらいの金額で証拠金として扱われます。

決済時に損をしていて、決済用の現金が不足していたら、株を売却して決済に充てることになります。

だから決済用の現金も入れて代用有価証券として扱わないと、株を売ることになってしまいます。

FXの方でも損を出したら株を売ることになってしまいますから、代用有価証券として活用しないで、貸株で利用することです

株は大波に乗るだけで勝てる

読了までの目安時間:約 3分

 


gf01a201502060500-thum

株式投資で破たんする人は確実と言っていいほど、信用取引をしています。

信用取引は資金の何倍もの取引ができますから、読みが外れれば簡単に破たんします。

普通に現物取引をすればいいのに信用取引に手を出すのは、短期で稼ごうと考えるからです。

別に短期で稼げるなら問題ないですから、信用取引でも何でもすればいいです。

短期で稼げないのに信用取引に手を出すから、失敗して破たんします

短期で稼げない人はどうすればいいか?長期投資をすればいいだけです。

長期投資にすれば勝率がかなり上がります。

その代り短期売買に比べると利益は減ります。

長期投資は長期投資でどのようにすればいいかというと、思いっきり売られたときにせっせと買い込むだけです。

買って後は大波が来るのを待つだけです。

何の難しい技術も必要ないです。ただでかい波が来るのを待つだけで稼げます。

ただ技術は必要ないと言っても、まともな企業の株を買う能力は必要です。駄目な企業は逆に長期投資するほどリスクが高くなります。

それで長期投資で買える企業として堅実な企業を探して、それを長期保有です。保有しながら大波が来るのを待つだけです。
ただこの方法なら確実に稼げるというわけではないです。

東京電力みたいに予想外なことが起きる場合があり、堅実投資で東京電力を買っていた人は大変な状態になりました。

投資ですから絶対確実な方法など無いです。最悪投資した資金がゼロになることを覚悟してやるべきです。

さすがのこの企業は潰れないだろうと思える企業ならば、株の価値がゼロにはなりませんから、株式投資はある意味安全な投資かも知れません。

東京電力を買った人は運が悪かったとしか言いようがないですから、普通にこの企業なら堅実だから大丈夫と、安心して買える企業を見つけて、株が全体的に大きく売り込まれるのを待ちます。

それで大きく売られたら、買いに行きます。その後は買いの大波がただひたすら待つことです。

アベノミクスで大儲けした人達は、民主党政権で大きく売り込まれた株をせっせと買い集めた人たちです。

技術も何もいらなくて、ただ大波が来るのを待つだけで大儲けです。